地域の税理士会に電話をしてみよう

簿記の知識がない方や、企業規模が大きくなって税金の相談をしたい方は、税理士と契約をした方がいい場合があります。知人や同業者に紹介してもらうのが難しい場合は、事業所のある地域の税理士会に相談してみましょう。最寄りで開業している税理士を紹介してもらえる可能性が高いです。会社の近くで事務所を開いている税理士の方が、直接行き来しやすく、相談しやすいです。税務調査が行われる場合も、立ち会いを頼みやすいでしょう。

税金の無料相談の開催日を狙う方法もある

直接会って、税理士の人となりを確認したい場合は、税理士会が税務署や商工会議所等の会場で開く、税金や申告についての無料相談会に参加するのもいい方法です。申告書の提出が近づいている時期であれば、該当する年の税務から申告書の作成まで相談にのってもらえることがあります。親身になってくれて、経営に関する考えが合うようであれば、正式に顧問契約を結ぶといいでしょう。

地域の信用金庫や銀行で紹介されることもある

ある程度の期間メインバンクとして利用している信用金庫や銀行があれば、営業担当者にそうだんすると良い税理士を紹介してくれる場合があります。営業担当者は、一般企業だけではなく、士業関連の事務所にも出入りしている場合があり、顔が広いことがあります。税務や経理、経営のことで、信頼できる税理士を探していることを告げれば、担当者が信頼している税理士を紹介してもらえるでしょう。金融機関と関係が深いと、資金繰りで困った時や、突然の出費が必要になった場合にも、顧問税理士が間に入って、借り入れがスムーズに進むように対処出来ることもあり、経営が上手くいくこともあります。

税理なら岡山で依頼する方法がおすすめです。税理士事務所がたくさん存在しているために、選択肢が豊富です。まずは見積もりを依頼して、費用などを確かめましょう。