担保を出すことで持っているお金以上の取引ができる

一般的に信用取引とは自分を信用してもらうことでお金を借りて株式投資をすることです。資金や株式を担保としてお金を借りることができます。持っている以上のお金を投資できるので利益がその分だけ増えるのです。持っているのが100万円だとすると、普通は100万円分だけの取引しかできません。信用取引であれば、100万円以上の取引が可能になることがあるのです。上手く取引できれば、増えた分だけ利益も倍増します。

株を借りることで空売りが可能になる

信用取引で借りるのはお金だけではありません。株を借りるということもできるのです。株を借りることができれば、空売りということができるようになります。高い値段で売って、後で安い値段になったら買い戻すという手法です。その差額が利益になります。通常は株を安い時に買って、高い時に売るというのが基本です。信用取引ではその逆ができるということです。相場がどっちの方向を向いていても、儲けを出すことができるということになります。

株主優待をお得に手に入れる方法がある

信用取引で空売りができることが分かったので、現物を買う方法と組み合わせて株主優待を手数料だけで手に入れる事ができます。現物を買うのと空売りを同時にすると株価が上がっても下がっても損をすることはありません。売買手数料はかかりますが、その手数料で株主優待の権利を手に入れる事ができるのです。株主優待の価値が手数料よりも高いのであれば、権利付き最終日前に取引しておけば株主優待を手に入れることができます。

信用取引の担保は最低で30万必要です。変動がない現金は100%,有価証券は変動がある為、前営業日終値の80%の評価になります。