クレジット決済がお得

ネットショップの決済では、基本的にはクレジット決済がお得です。銀行振込みや代金引換などの方法では手数料がかかることがデメリットになります。クレジット決済なら、基本的に手数料はかかりませんし、その上お得なポイントも貯まります。クレジットカードのポイントの還元率は0.5%~1.0%程度と高めになっていますので、長い目で見るとかなりの節約効果があるでしょう。また、大手の通販サイトなどでは、グループ会社が発行しているクレジットカードを使って買い物をすることで、ポイントが2倍~4倍になるというサービスをやっていることも多いです。

クレジットカードの手数料は、基本的にはショップ側が負担をしているので、利用者にとってはメリットだけがあるという状況です。

デビットカードでも決済可能?

実は、ネットショップでのクレジット決済は、多くの場合、デビットカードやプリペイドカードでも可能です。デビットカードやプリペイドカードでも、VISAなどのブランドが書かれていて、そのブランドに対応していれば、決済が可能となっています。一部のショップでは、クレジットカードでなければ決済ができないこともあります。

VISAなどの国際ブランドが書かれているカードなら、海外のサイトでも使えるというメリットがあります。海外のサービスを利用する機会も増えていますが、匿名のプリペイドカードなどが使えると、安心ができるでしょう。

ポイント還元率はクレジットカードのほうが高めになっている傾向があるので、基本的にはクレジットカードがおすすめできます。

決済代行とは代わりに決済してもらうことですが、商取引で売ったお金を回収するのは1つのハードルなのでそれを任せて、商品開発などの本業に集中できるのはメリットがあります。