信用取引で利益を出すことは難しい?

空売りができるようになったり、現物取引よりも少ない金額でより大きな規模の取引ができる信用取引。しかし、リスクも高くなってしまう側面があり、信用取引に対して恐怖心を覚えてしまう人も少なからずいます。実際、信用取引のみで利益を出すことは、投資初心者によっては非常に難しい芸当です。プロがひしめきあう株取引の世界において、信用取引はさらにそうしたプロの中でも精鋭が集う場所だと言っても過言ではないでしょう。しかし、信用取引には初心者でも簡単に利益を出すことができる手法が存在します。信用取引の勉強がしたい、信用取引の経験を積みたいと思っている人にはうってつけの投資方法なので、知っておくと大変役に立つことでしょう。

利益確定や株主優待権獲得に信用取引を利用する

一般的に利益確定はタイミングが大変難しく、プロでも正解を見つけ出すのは困難です。しかし、現物株を売って手仕舞いしてしまうのではなく、利益確定のポイントで空売りすることで、株価は据え置いたまま株価の動向を確認してポジションを決めることができます。また、株主優待銘柄を現物買い・空売りを同時に行って優待の権利落ち日を経過することで、株価による損利を完全に相殺した状態で株主優待権を手に入れることも可能です。これらで共通する点は、現物取引と同時に信用取引を行うという点です。現物買いと絡めることで、信用取引の空売りの可能性は大きく拡大します。リスクも十分押さえられるため、初心者はまずこうした手法から経験を積んでいくと良いでしょう。

信用取引の費用の支払方法を理解するうえで、人気の高いファンドや証券会社の資料を取り寄せることがおすすめです。