なぜ資産運用が必要なのか

日本では投資などの資産運用をするよりも、現金で貯金することの方が多いと指摘されています。欧米ではむしろ貯金額は少なく、株式などに投資して資産運用を行っているので、日本は他国と比較しても貯金の割合が高いです。確かに貯金も重要なのですが、不況などの影響もあり、分散して管理する方が安全性は高いと言えます。しかし資産運用には知識が必要です。知識を持たない人は貯金をするしかないのでしょうか。

知識がないならプロに任せよう!

資産運用は確かに知識が必要となります。そのため、資産運用は難しそう、というイメージもあながち間違いではありません。しかし知識がなくても資産運用は可能です。その方法がファンドラップです。ファンドラップとは簡単に言うと、銀行や証券会社などの金融のプロに資産運用を代行してもらうサービスのことです。知識がなくてもお金さえ渡しておけば、あとはプロが勝手に運用をしてくれるので安心です。もちろん、全ての判断をプロに任すことも出来れば、部分的に任せることも出来ます。資産運用の結果報告も定期的に出してくれるので安心です。

投資信託と何が違うの?

ファンドラップとよく似た商品に投資信託があります。投資信託もプロに投資を代行してもらうことになりますが、何が違うのでしょうか。投資信託の場合はどの分野に投資をするのかといったことを自分で決めなければなりません。そのため、代行とは言え、ある程度の知識が必要です。一方ファンドラップは資産運用に関することをすべてプロに任せることが出来ます。商品選びなどもプロに任せることが出来るので知識がない人でも取り組めるのがファンドラップの利点です。

ファンドの会社に依頼をすることで、少ない元手で高額のリターンを期待できることがあるため、まずは業者選びに取り掛かることが良いでしょう。