自己破産とはどんな制度か

自己破産とは債務整理の一つで裁判所に申し立てをして債務を免責してもらい債務をなくす事ができる制度です。債務をなくす事ができると言っても簡単にできる訳ではなく、債務の原因が免責不可の理由であった場合は債務はなくなりません。免責不可の理由とはギャンブルや投資による債務や悪意のある不当行為による賠償が原因の債務などが免責不可の債務にあたります。免責が下りて自己破産をした場合は信用情報に影響が出るので、債務がなくなる代わりにその後一定期間ローンやキャッシングが利用しにくくなります。自己破産の申し立ては本人だけで行う事も可能ですが、素人が行うのは難しいので弁護士などの専門家に依頼して行うのが一般的です。

過払い金がないか確認する

債務が返済できない状況になって自己破産を検討している場合はまず弁護士に過払い金がないか確認してもらうべきです。過払い金とは貸金業者に払い過ぎたお金の事でこれは後で業者から返してもらう事ができます。過払い金の額が多くて自己破産しなくてはいけないと思っていた債務が過払い金によって少なくなり、自己破産を避けられる事もあるからです。債務整理が不必要になるほどの過払い金はなくても過払い金がある程度あれば自己破産しか方法がないと思われていたのが、任意整理や個人再生といった方法で債務整理ができるようになる事もあります。弁護士に債務整理と過払い金の相談をする時は債務の問題に詳しい弁護士や法律事務所を選んで相談すると良いです。

自己破産とは債務整理の一種で、借金返済能力がないことを裁判所に認めてもらうことで、全ての債務返済義務が免除されます。